北里研究所創立100周年 北里大学創立50周年 記念事業

Kitasato100x50 Pioneer the Next

  • トップ
  • 理事長メッセージ
  • 100年目のブランディング
  • 記念事業概要
  • 募金事業
  • 記念事業ロゴマーク

Top 記念事業概要熊本県阿蘇郡小国町「北里柴三郎記念館」の整備

熊本県阿蘇郡小国町「北里柴三郎記念館」の整備

  北里柴三郎博士が1916(大正5)年に建てた貴賓館及び北里文庫があった敷地に、1987(昭和62)年北里研究所、北里学園が中心となって生家を復元修復。同時に北里文庫の建物を利用して北里博士の遺品等を陳列し、小国町に寄贈したのが「北里柴三郎記念館」です。北里柴三郎博士の生家は、この敷地に隣接する北側の川沿いにある通称坂下屋敷にありましたが、洪水防止のための河川改修の関係で1965(昭和40)年現在地に移築されました。
  学校法人北里研究所では、北里研究所創立100周年を機に、3年にわたる北里柴三郎記念館の整備計画を策定し、2012(平成24)年度に生家、貴賓館、北里文庫の建物改修を完了しました。2013(平成25)年度には北里文庫を利用した展示室内の改修と展示資料の刷新を行い、同年7月にリニューアルオープンしています。最終年度となる2014(平成26)年度には庭園等の整備を行い、全ての整備計画を終える予定です。九州、熊本にお越しの際は、是非ともお立ち寄りください。

 

北里柴三郎記念館の整備

クリックすると詳細が表示されます。

  北里柴三郎博士の生家の一部が復元・修復され、熊本県阿蘇郡小国町の北里柴三郎記念館に保存されています。
  北里家は複数の村を管轄する総庄屋の家系で、柴三郎博士が少年時代を過ごしたころの生家は相応の規模を誇りましたが、1895(明治28)年、東京に両親を招いたことで空き家となったため、縮小して現在の2間にしたと伝えられています。
  今回の改修では、杉皮葺の屋根や外壁、玄関、縁側の床板などの外装工事の他、畳、襖、障子の交換など内装の改修も行いました。


  • 生家概要(現在)
  • 改修後の生家
  • 改修後の生家
  • 生家の内部・和室8畳
  • 復元前の生家

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


閉じる

  1915(大正4)年、北里柴三郎博士は、30 年ぶりに帰郷した際、郷里の青少年のために図書館の造成を思い立ち、翌1916(大正5)年、私財1 万1,500 円(現在の1千300 万円ほど)を投じて設立したのが北里文庫です。建設後の図書購入や司書の雇用費といった運営費も、柴三郎博士が負担しました。
  北里文庫は柴三郎博士の没後も、第二次世界大戦中まで私立図書館として運営され続けますが、その後は小国町に寄贈。併せて北里家所有の山林も文庫を維持するための基金として町に贈られました。1987(昭和62)年の北里文庫建屋の修復を機に、柴三郎博士の生涯と業績を偲ぶ記念の品、写真等の展示場として一般公開されてきました。そして今回の記念事業にて、展示方法の刷新やバリアフリー化など大規模な展示室の改修と同時に展示資料を更新し、2013(平成25)年7月にリニューアルオープンいたしました。
※ 2011(平成23)年と1914(大正4)年の企業物価指数の比較から換算


  • 北里文庫
  • リニューアルされた展示室
  • 展示室の様子1
  • 展示室の様子2
  • 展示室の様子3

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


閉じる

  貴賓館は、郷里を訪れた貴賓をもてなす館として、また、北里柴三郎博士が帰省した際の居宅として利用されました。北里文庫落成の際には、家族とともに滞在されたことが記録されています。
  建材は主に地元の小国杉を用い、質素な木造建築ながら、細部に目を凝らすと随所に丹念な施工のあとがうかがえます。また、建物の配置にも趣向が凝らされ、2階の客間からは小国富士とよばれる湧蓋山の山容が望めるほか、前庭越しには山間の村落の眺望が開けています。
  柴三郎博士の没後、北里家から小国町に寄贈。1987(昭和62)年の修復を経て、基礎の一部や外壁、玄関、縁側の床板などの外装工事と、畳、襖、障子の交換などの内装の改修が行われました。


  • 貴賓館
  • 改修後の貴賓館
  • 貴賓館2階から生家を望む
  • 貴賓館1階和室
  • 貴賓館2階和室

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


閉じる

 

展示室(北里文庫)のリニューアル オープニングセレモニー

  展示室のリニューアルオープンに先駆けて、北里柴三郎記念館を管理する一般財団法人学びやの里の主催、北里研究所、小国町の後援によるオープニングセレモニーが、2013(平成25)年7月20日(土)に小国町北里柴三郎記念館にて行われました。公開初日に行われたセレモニーには、熊本県や小国町、北里研究所の関係者のほか、地域の住民、小学生など多くの方々にご来館いただき、盛大に執り行われました。また、熊本発の人気キャラクターくまモンも祝福に駆けつけ、くまモン体操を披露するなど、セレモニーを大いに盛り上げました。


北里文庫オープニングセレモニー式次第

【期日】 2013(平成25)年7月20日(土)
【場所】 北里柴三郎記念館(藤棚の広場及び木魂館大会議室)
【主催】 (一財)学びやの里
【後援】 (学)北里研究所、小国町
【式典】 主催者あいさつ(一般財団法人学びやの里 理事長 北里 耕亮)
来賓あいさつ(熊本県副知事 小野 泰輔)
来賓あいさつ(学校法人北里研究所 理事長 藤井 清孝)
地域の思い出(原山 勝 様)
くまモン登場(くまモン体操)
展示概要説明(北里柴三郎記念室 事務長 森 孝之)
【内覧】 テープカット(小野副知事、藤井理事長、北里一郎先生、北里理事長)
内覧(展示室)
【講演】 講演 北里一郎先生「雷おやじの教え」(木魂館大会議室)
≪≪博物館明治村 北里研究所本館・医学館の整備 相模原市「北里柴三郎展」の開催≫≫

≪≪ 北里精神の継承・発展INDEX ≫≫

Page Top