学校法人北里研究所,北里大学,理事長

学校法人北里研究所

北里大学

ホーム 理事長メッセージ

理事長メッセージ

 

  北里大学は2012年に創立50周年を、北里研究所は2014年に創立100周年を迎え、新しい世紀への第一歩を踏み出しました。世界に向けて羽ばたこうとする「北里」への激励でしょうか、本学の特別栄誉教授である大村智博士が2015年ノーベル生理学・医学賞を受賞されました。大村博士の業績の多くは北里で行われた研究成果によるもので、私立大学における研究でのノーベル賞受賞は、我が国初の栄誉です。この喜びと励みを胸に、日本の「北里」から世界の「Kitasato」へ、その名を揺るぎないものにすべく、教育、研究、診療に力を注いでゆくことを教職員一同、改めて心に誓いました。
  北里柴三郎博士は、恩師福澤諭吉先生から「独立不羈(どくりつふき)【何事にも束縛されず、自らものを考え、自ら責任を持って、行動すること】」を教えられました。この精神に則り、財政基盤の充実を図ったことで、北里博士は私立の医学研究機関として日本初となる北里研究所を設立しました。この独立不羈の精神を財政施策や法人運営にも当てはめ、学校法人として盤石な組織をつくります。
  超少子高齢社会では、受験生の減少と高齢者医療の多様化が進むことでしょう。そして、執行部には今まで以上に健全な学校法人運営が求められています。このような時代だからこそ、北里柴三郎博士から続く実学の志と、大村博士によってもたらされた北里の誇りを持ち、「生命科学のパイオニアとして、国際的にも有為な人材を育成し、教育・研究・医療の成果を社会に還元する」というビジョンと「盤石な財務体質を確立し、より質の高い教育・研究・医療を支える体制を築く」というミッションを達成し、いのちの実学を未来につなげて参ります。


小林 弘祐(ふじい ひろすけ)


学校法人北里研究所理事長

小林 弘祐