北里柴三郎 略年譜

北里柴三郎 略年譜


北里柴三郎は、嘉永5年、現在の熊本県阿蘇郡小国町北里に生まれる。藩校時習館、熊本医学校に学んだ後、東京医学校(東大医学部の前身)に入学し、明治16年卒業後、長与専斎が局長であった内務省衛生局に奉職した。

明治19年からドイツのローベルト・コッホに師事して多くの貴重な研究業績を挙げ、とりわけ破傷風菌純培養法と破傷風菌抗毒素の発見は前人未踏のもので、世 界の医学界を驚嘆させた。明治25年帰国、福沢諭吉の援助により芝公園にわが国最初の私立伝染病研究所を創設し、同所が明治32年内務省に移管後も所長と して活躍した。この間、香港に流行したペストの調査に出張して短時日でペスト菌を発見した。
北里は、かねがね伝染病の研究は、衛生行政と表裏一体でなければならず、国立伝染病研究所は内務省所管であるべきであるとの信念をもって伝染病の 研究所の運営にあたった。しかし、大正3年、国立伝染病研究所は突如文部省に移管され、北里は素志に反する政府のやり方を承服できず、所長を辞して直ちに 私立北里研究所を設立した。

大正6年、福沢諭吉の恩義に報いるため慶應義塾大学医学部を創設し、医学部長として、また顧問として終生その発展に尽力した。また、日本医師会長を始め多くの医学団体の要職に就き、わが国の公衆衛生特に結核の予防のほか、医学、医学教育の発展に大きな足跡をのこした。

創立者北里柴三郎.jpg

嘉永
6年(1853)嘉永5年12月20日(1853年1月29日)肥後国(現在の熊本県)阿蘇郡小国郷北里村に生まれる
慶応
2年(1866)熊本に出て田中司馬(儒学者、医者)の塾に入門。
明治
4年(1871)古城医学所及び病院(明治5年に熊本医学校)に入学。生涯の恩師・オランダ人医師マンスフェルトに出会い、指導を受ける。
7年(1874)東京医学校(明治10年に東京大学医学部)に入学。
16年(1883)東京大学医学部卒業。同年、内務省に勤務。
18年(1885)ドイツ留学を命ぜられる。
19年(1886)結核菌の発見者ローベルト・コッホ博士に師事、本格的に細菌学を研究。
22年(1889)破傷風菌の純粋培養に成功。
23年(1890)破傷風菌免疫抗体(抗毒素)を発見。血清療法の基礎を築く。
25年(1892)ドイツより帰国。福沢諭吉、森村市左衛門らの援助により伝染病研究所が設立され、所長として細菌学の研究と指導にあたる。ここで、高木友枝、北島多一、志賀潔、秦佐八郎、宮島幹之助、野口英世、草間滋、大谷彬亮、高野六郎、後藤格次、金井章次、小林六造らが、指導を受けている。
26年(1893)福沢諭吉らの援助により、日本初の結核専門病院「土筆ヶ岡養生園」を開設。
27年(1894)ペストの原因調査のため、香港に派遣され、ペスト菌を発見。
34年(1901)先の血清療法の発明により、第1回ノーベル生理・医学賞の候補に上がっていたが、当時の共同研究者・ベーリング(ドイツ:ジフテリアの血清療法の確立)が受賞。
同年、東京医会の会長となる。
35年(1902)第1回日本連合医学会(現在の日本医学会)開催・副会頭を務め、4年後の第2回の開催では会頭を務める。
39年(1906)帝国学士院会員。
41年(1908)コッホ博士来日。日本滞在中、北里博士は恩師コッホ博士に終始付き添っていた。
大正
2年(1913)日本結核予防協会を設立、理事長に就任。
3年(1914)内務省所管であった伝染病研究所の突然の文部省移管により、所長を辞任。私立北里研究所を創立して所長となる。このとき、国立伝染病研究所の所員一部の病院職員を残してほとんどが共に辞職、北里研究所に入る。なお、北里研究所創立における北里博士の辞は次のような宣言であった。“折しも第一次大戦の戦乱の巷と化し科学どころではない。科学の進歩のために働き、世界人類の幸福を推進しうる者は、独り米国と我が大日本帝国のみであり、我が同胞の熱心と世界の趨勢に感動して、この研究所を起こすという気になり、斯道のために奮起決心した次第である。
6年(1917)慶應義塾大学医学科(2年後に医学部)を創設、初代科長となる。後に医学部長、付属病院長を務める。
福澤諭吉への恩に報いるため、北島多一を始めとする門下生一同で運営に当たる。
7年(1918)大日本私立衛生会会頭、中央衛生会会長及び学術研究会議会員としての重責を果たし、1925年には日本で最初に開催された国際学会である、第6回極東熱帯医学会会頭の任についた。1924年には国から多くの業績に対して「男爵」位を受けている。さらにドイツ、イギリスを始めとする多くの国々から名誉会員等、33にものぼる名誉称号を受けている。
12年(1923)日本医師会を創設、初代会長となる。
昭和
6年(1931) 6月13日午前5時、脳溢血のため東京麻布の自邸にて逝去。17日、東京・青山墓地に永眠する。(享年78歳)

ページトップ