北里柴三郎の生涯

北里柴三郎は、1853年1月29日(嘉永5年12月20日)、現在の熊本県阿蘇郡小国町北里で代々庄屋を務める家に生まれた。

1871(明治4)年、18歳で熊本医学校(現、熊本大学医学部)に入学。オランダ人医師マンスフェルトの指導を受け、医学への道を志した。

1874(明治7)年、東京医学校(現、東京大学医学部)に入学し、在学中に「医者の使命は病気を予防することにある」と確信するに至り、予防医学を生涯の仕事につくことを決意した。その志を実践するため、1883(明治16)年、卒業後、内務省衛生局に入局した。

1886(明治19)年からの6年間、ドイツに留学。病原微生物学研究の第一人者、ローベルト・コッホに師事し研究に励んだ。留学中の1889(明治22)年に破傷風菌の純粋培養に成功、さらにその毒素に対する免疫抗体を発見し、それを応用して血清療法を確立した。この業績により、一躍世界的な研究者として名声を博した。

破傷風の血清療法確立を記念して

破傷風の血清療法確立を記念して

1892(明治25)年、帰国後間もなく、福澤諭吉らの支援の下、私立伝染病研究所(のち、国に寄付して国立となる)を創立。伝染病予防と細菌学の研究に取り組んだ。翌年、わが国、最初の結核専門病院「土筆ヶ岡養生園」を開設し結核予防と治療に尽力した。また、1894(明治27)年、香港で蔓延したペストの原因調査のため現地に赴きペスト菌を発見した。

1914(大正3)年、伝染病研究所が内務省から文部省に移管された。これを機に所長を辞任し新たな医学研究機関「北里研究所」を創立して初志を貫いた。多くの優秀な門下生を輩出し細菌学・免疫学の講習会を実施するなど、教育活動や衛生行政等の分野でも大きく貢献した。

1917(大正6)年、慶應義塾大学医学科を創設、さらに日本医師会などの各種医学団体および病院の設立など社会活動にも従事した。

近代日本医学の礎を築いた北里柴三郎は、1931(昭和6)年6月13日、脳溢血により78年の生涯を閉じた。

北里研究所本館(大正時代)

北里研究所本館建物(大正時代の頃)

略年譜(1853 - 1931)

嘉永5年
1月29日(旧暦嘉永5年12月20日)、父惟信・母貞の長男として現在の熊本県阿蘇郡小国町北里に生まれる

明治4年 18歳
熊本医学校(現、熊本大学医学部)に入学、オランダ人マンスフェルトに師事し医学への道を志す

明治7年 21歳
東京医学校(現、東京大学医学部)に入学

明治16年 30歳
松尾乕と結婚
東京大学医学部を卒業、内務省衛生局に入局

明治18年 32歳
ドイツ留学を命じられる

明治19年 33歳
ベルリンのローベルト・コッホに師事する

明治22年 36歳
破傷風菌の純粋培養に成功する

明治23年 37歳
破傷風菌抗毒素(免疫体)の発見、 血清療法の確立

明治25年 39歳
帰国し内務省に復職
芝公園内に私立伝染病研究所を設立

明治26年 40歳
わが国、最初の結核専門病院「土筆ヶ岡養生園」を開設

明治27年 41歳
伝染病研究所を芝区愛宕町に移転
ペストの原因調査のため香港に赴き、ペスト菌を発見する

明治32年 46歳
伝染病研究所が国立となり内務省の管轄となる

明治39年 53歳
日本連合医学会会頭を務める
伝染病研究所を白金台町に移転

明治41年 55歳
恩師ローベルト・コッホ夫妻来日、日本各地を案内する

明治43年 57歳
恩師ローベルト・コッホ逝去

明治44年 58歳
恩賜財団済生会評議員となる
恩賜財団済生会医務主管に就任

大正2年 60歳
日本結核予防協会を設立、理事長に就任

大正3年 61歳
伝染病研究所が内務省から文部省に移管されることになり、所長を辞任
同日、土筆ヶ岡養生園の一角に私立北里研究所を創立

大正4年 62歳
恩賜財団済生会病院初代院長に就任
北里研究所所屋竣工、開所式を行う

大正5年 63歳
生誕地熊本県小国町に「北里文庫」を寄贈

大正6年 64歳
慶應義塾大学医学科を創設、初代科長に就任
貴族院議員となる

大正7年 65歳
北里研究所が社団法人として認可される

大正12年 70歳
日本医師会を創設、初代会長に就任

大正15年 73歳
妻乕逝去

昭和6年 78歳
6月13日、脳溢血により逝去
青山斎場で葬儀、青山墓地に葬られる