熊本地震における本法人の対応等について【第二報】
平成28年4月22日
 
本法人は、学祖北里柴三郎博士の生誕の地であり、北里柴三郎記念館のある熊本県小国町へ、4月22日(金)に災害支援物資を送り届けました。小国町は震源に近いことから直接的な被害が懸念されましたが、幸いにも今のところ家屋倒壊等による人的被害は発生していないとのことです。
また、北里柴三郎記念館を運営する一般財団法人「学びやの里」では、研修宿泊施設の木魂館にて4月18日より被災者を受け入れています。
今後は災害支援物資の搬送のみならず医療チームの派遣等、小国町のニーズを確認しつつ、本法人として可能な限りの支援活動を展開してまいります。

災害支援物資(小国町からの要請に基づく)

品  名数 量
ビーフカレー(北里八雲牛) 400食
レトルトハンバーグ(北里八雲牛) 400食
ビーフシチュー(北里八雲牛) 400食
コンビーフ(北里八雲牛) 400缶
豚丼の具 157食
中華丼の具 139食
親子丼の具 104食
アルファー米(赤飯) 1,500食
アルファー米(五目ごはん) 1,500食
アルファー米(わかめごはん) 1,500食
アルファー米(梅がゆ) 500食
防災用クラッカー 700袋
※飲料水は、国からの支援により充足しているため、今回は対象としていない。
学校法人北里研究所   
理事長 藤井 清孝

ページトップ