新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • 【相模原キャンパス】新型コロナワクチンの職域追加接種(3回目接種)について
2022年6月16日
【相模原キャンパス】新型コロナワクチンの職域追加接種(3回目接種)について
北里大学
 北里大学では、下記のとおり8月4日(木)、5日(金)の2日間、相模原キャンパスにおいて新型コロナワクチンの職域追加接種(3回目接種)の実施を予定しております。
 所属学部等を通じて、接種希望の有無を確認するための意向調査を実施いたします。接種を希望する場合は、その調査に必ずご回答ください。

1.対象者

①相模原キャンパスに在籍する1年生 及び接種時点で在籍している本学学生・教職員・関連企業社員・近隣高校教職員・病院職員のうち、まだ3回目を接種していない方
2022年3月4日(金)までに2回目の接種を完了している方
→2回目と3回目の接種間隔は、5か月空けることが必要です。
1,2回目接種(初回接種)が完了していない方は、今回の職域追加接種を受けることはできません。
③原則として、自治体から送付された接種券を持っている方
④接種時点で18歳以上の方
⑤学生は、保証人の了承が得られている方

2.実施時期

2022年8月4日(木)、5日(金)
※状況により変更することがあります。

3.接種場所

相模原キャンパス学生ホール(854KB)
※状況により変更することがあります。

4.使用ワクチン

武田/モデルナ社ワクチン
ロットナンバー 000193A(有効期限:2022年9月2日まで延長)を使用します。

5.接種を希望する方へ

【留意事項】
初回接種の後に転居(住民票を異動)された方は、接種券が届かない可能性があります。現在お住まいの自治体にお問い合わせください。
②学生が接種を希望する場合は、必ず保証人に了承を得てください。
③10代及び20代の男性については、ファイザー社のワクチンに比べて、武田/モデルナ社のワクチン接種後の心筋炎や心膜炎が疑われる報告頻度が明らかに高いことが報告されています。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0079.html
(国内の3回目接種後の心筋炎・心膜炎疑いの全体の報告頻度は、2回目接種後と比較して低い傾向となっています(2022年3月時点))
ファイザー社のワクチンを希望する方は、今回の職域追加接種ではなく、お住まいの自治体などにお問い合わせください。
④初回接種でファイザー社・アストラゼネカ社のワクチンを接種した方も、今回の職域追加接種で接種することができます。(交互接種)
⑤新型コロナウイルスに感染したことがある方もワクチンを接種することができます。
ただし、感染後から追加接種までの間隔は、暫定的に3か月を一つの目安とされています。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0028.html
⑥60歳以上・基礎疾患を有する方等を対象とする4回目接種は行いません。

6.新入生の皆さんへ

 北里大学では、2021年夏に1、2回目、2022年3月に3回目の新型コロナワクチンの職域接種を実施し、多くの学生が3回の接種を終えています。
 接種を受けるかどうかは、あくまでご自身の意思です。体調により接種できない方もいますので、接種しないことにより、教育上の不利益を被ることはありません。しかしながら、Withコロナの時代では、ワクチン接種により安心して学業・研究活動や病院実習等に取り組むことができるほか、課外活動や海外研修・留学など学外での活動の幅が広がることが期待できます。接種したあとも引き続き感染対策は必要ですが、ご自身の感染するリスク、周囲の方々へ感染させるリスクを減らすためにも、接種へのご理解とご協力をお願いします。
◎職域追加接種についてご不明な点がある方は、所属学部等または下記にお問い合わせください。
相模原キャンパス:北里大学学事企画部
v.sagami〔@〕kitasato-u.ac.jp
*〔@〕は@に変換
以 上

ページトップ