生涯学習,北里柴三郎,公開講座,大学職員募集,シンポジウム

北里柴三郎記念室



ホーム 北里柴三郎記念室 北里柴三郎・写真で見る150年伝染病研究所・北里研究所

伝染病研究所・北里研究所

伝染病研究所・北里研究所

 
 
伝染病研究所(芝公園)
明治25年(1892)、福沢諭吉が北里のために建て
た我が国最初の伝染病研究所。土地は福沢の
所有で研究資材は森村市左衛門の寄付による。
 
伝染病研究所(芝区愛宕町)
大日本私立衛生会の所属となった伝染病研究所
は内務省用地を借り受け、明治27年(1894)に新し
い建物が完成し、移転。
     
 
国立伝染病研究所(芝区白金台町)
伝染病研究所を国に寄付し、内務省管轄の国立
伝染病研究所となったのが明治32年(1899)。
7年後の39年に白金台に移転。
 
北里研究所(芝区、現港区白金)
大正3年(1914)国立伝染病研究所の文部省移管
決定と同時に、所員の総辞職となり、新たに私立
の北里研究所が創立された。
     
 
国立伝染病研究所・東京大学医科学研究所
東京大学附置伝染病研究所の組織ができたのは
大正5年(1916)。当初の建物は12年の関東大震
災で破損を受け、昭和9年(1934)、同じ場所に新
築。42年(1967)、東京大学医科学研究所と改称。
 
 
北里研究所旧本館(博物館明治村)
大正4年(1915)、コッホ研究所を模して建てられた
木造の本館は、幸いに第二次世界大戦の戦火を
免れた。昭和55年(1980)、本館の改築を機に、愛
知県犬山市の博物館明治村へ移築保存されてい
る。