北里柴三郎ってどんなひと?

  北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)1853年に熊本県の庄屋の家に生まれました。

  この年は、あの有名なアメリカ国のペリーが蒸気船で日本にやってきた年です。

  子供の頃からわんぱくだった柴三郎は、将来は軍人になってお国のために働きたいと思っていましたが、両親などに反対され熊本で勉強します。

  18歳の時、熊本医学校に入学して医学のおもしろさがわかり、医者になって世の中の役に立とうと思いました。それにはもっと勉強しなければならないので、明治7年、東京に出て東京医学校に入学しました。兄弟が多かったので家からの送金はなく、牛乳会社でアルバイトをしながら学費をかせぎました。

  卒業してから内務省(ないむしょう:今の厚生労働省)という役所につとめ、その仕事がみとめられて明治18年ドイツに留学しました。ドイツではローベルト・コッホ先生の指導で勉強にはげみます。そして破傷風菌(はしょうふうきん)という細菌を純培養(じゅんばいよう:細菌を調べるには、まず単独でその種類をとりだしてふやし、その性質をよく調べることが必要。破傷風菌はいつも他の細菌と混じっていて、それまでは誰も破傷風菌だけをとりだせなかった)することに成功しました。そして、破傷風という病気をひきおこすのは、細菌そのものでなく細菌が作り出す毒だということに気づき、免疫抗体(めんえきこうたい:徐々に毒を入れていくと人の体の中に作られる抵抗力をもつ物質)を使って治療に役立てる方法(血清療法:けっせいりょうほう)を発明し、研究者として世界的に有名になりました。

  明治25年に帰国した柴三郎は、福沢諭吉(ふくざわゆきち)らの助けで私立伝染病研究所を東京芝公園につくり、伝染病の研究をはじめました。明治の頃はまだいろいろな伝染病がはやっていて、亡くなる人が多かった時代です。

明治27年、柴三郎は香港(ほんこん)でペスト菌を発見します。日本にペスト菌が入ってこないように、香港でくい止めようとしたのです。

  伝染病研究所はその後、国の機関(きかん)となり多くの研究者が育ちました。赤痢菌(せきりきん)を発見した志賀潔(しがきよし)や黄熱病(おうねつびょう)を研究してアフリカで亡くなった野口英世(のぐちひでよ)も柴三郎の研究所で勉強したでしたちです。

  大正3年、柴三郎は伝染病研究所を辞めて北里研究所をつくりました。その後、全国の医学者の研究会である日本医学会をつくったり、慶應義塾(けいおうぎじゅく)大学に医学部をつくったりといろいろな活躍をしましたが、昭和6年、脳溢血(のういっけつ)により78歳で亡くなりました。