生涯学習,北里柴三郎,公開講座,大学職員募集,シンポジウム

北里柴三郎記念室



門下生

北里柴三郎は、伝染病研究所から北里研究所時代まで40年余りの研究生活の中で多くの弟子を指導し、大勢の優秀な門下生を輩出した。

名前をクリックすると略歴が表示されます。

全てを表示する | 全てを非表示にする

No.01 浅川 範彦 (あさかわ のりひこ)
浅川 範彦 浅川 範彦 (あさかわ のりひこ)

1865(慶応 1)年 ・1月(旧暦)、高知県土佐郡秦村に生まれる
1883(明治16)年 ・高知医学校を卒業し上京、済生学舎に入学
1884(明治17)年 ・医術開業試験に合格、その後5年間ドイツ語を学ぶ
1889(明治22)年 ・開業免許を取得し帰郷、高知病院副院長を経て大津病院に勤務
1894(明治27)年 ・私立伝染病研究所に入所
1896(明治29)年 ・国立血清薬院も兼務
1899(明治32)年 ・国立伝染病研究所部長、主業務は講習生の指導
1901(明治34)年 ・「赤血球内空胞様体形成の研究ほか」により医学博士号取得
1907(明治40)年 ・1月10日逝去(42歳)
研究分野と業績: 腸チフス診断薬及び丹毒治療薬の創製
講習会の教科書として『実習細菌学上・下』を執筆

閉じる

No.02 石神 亨 (いしがみ とおる)
石神 亨 石神 亨 (いしがみ とおる)

1857(安政 4)年 ・7月13日(旧暦)、熊本県玉名郡山北村に吉永喜平の長男として誕生
1873(明治 6)年 ・古城医学校に入学し、古城病院長の内藤泰吉の指導を受ける
1877(明治10)年 ・西南戦争の時に、熊本県の臨時雇いとして官軍の傷病兵の治療にあたる
1878(明治11)年
・師の内藤泰吉の推薦で熊本県南郷に南郷病院を開き、更に翌年、熊本県堅志田で堅志田公立病院を開業
1883(明治16)年 ・東京で医術開業試験に合格、内外科医術開業免除を受ける
・海軍軍医補に採用され、横須賀官軍病院勤務
1888(明治21)年 ・海軍軍医部長石神豊民の娘八重子と結婚、石神姓を名乗る
1891(明治24)年 ・海軍軍艦回航のため欧州へ出張し、ベルリンで北里博士に会う
1892(明治25)年 12月に退艦し、創立当初の私立伝染病研究所に入所
1893(明治26)年 ・ツツガムシ病の病原調査のため新潟へ出張
1894(明治27)年 ・ペスト調査のため、北里、青山両博士と共に香港へ出張、ペストに罹患
1895(明治28)年 ・日清戦争のため、海軍に召集される
1896(明治29)年 ・大阪郊外の桃山で、血清、ワクチンの製造、痘苗研究等を開始
1897(明治30)年 ・大阪に「石神病院」を開くと共に大阪私立伝染病研究所を設立
1898(明治31)年 ・痘苗製造所技師に任ぜられ、大阪痘苗製造所所長となる
1902(明治35)年 ・大阪府下の海岸に石神療養所(結核のための)を開設
1912(大正 1)年 ・大阪結核予防協会設立、理事として参画
1919(大正 8)年 ・12月15日逝去(61才)、遺言により解剖に付された
その他所外業務: 著書『ペスト』を編纂

閉じる

No.03 上野 太郎 (うえの たろう)
上野 太郎 (うえの たろう)

1874(明治 7)年 ・1月13日、富山市諏訪河原に生まれる
1894(明治27)年 ・20歳で上京、国立血清薬院に入職
1905(明治38)年 ・血清薬院の国立伝染病研究所への合併に伴い、同研究所へ移籍
1914(大正 3)年 ・国立伝染病研究所を依願免職、北里研究所創立に参画
1942(昭和17)年 ・北里研究所事務長
1950(昭和25)年 ・北里研究所社員
1959(昭和34)年 ・1月10日逝去(84歳)、北里研究所葬

閉じる

No.04 梅野 信吉 (うめの しんきち)
梅野 信吉 梅野 信吉 (うめの しんきち)

1862(文久2) 年 ・11月13日(旧暦)、福岡県朝倉郡甘木町に生まれる
1884(明治17)年 ・私立獣医学校(現:日本獣医生命科学大学前身)を卒業
1886(明治19)年 ・福岡県獣医巡回教師に任命される
1892(明治25)年 ・私立伝染病研究所の牛痘種継所の動物主任及び製苗主任
1896(明治29)年 ・国立血清薬院技手
1899(明治32)年 ・国立伝染病研究所助手となり、痘苗製造所を兼務
1901(明治34)年 ・牛痘苗の犢体継続法を発明し純牛痘苗の創製に成功
1906(明治39)年 ・純牛痘苗の創製により勲六等単光旭日章受章
1908(明治41)年 ・「痘苗牛体継続法の研究」により獣医学博士号取得
1912(明治45)年 ・勲四等に叙せられる
1914(大正 3)年
・国立伝染病研究所及び内務技師を依願免職、北里研究所の創立に参画
・北里研究所部長、その後、北里研究所社員(1918年-1930年)に任ぜられ、北里研究所監事(1924年-1930年)を務める
1916(大正 5)年 ・犬体用狂犬病予防液の創製に取り組む(1916年〜1918年かけて)
1919(大正 8)年 ・私立日本獣医学校(現:日本獣医生命科学大学)第4代校長就任
1930(昭和 5)年 ・3月12日逝去(67歳)、勲三等瑞宝章受章
研究分野と業績: 純牛痘苗の創製、犬体用狂犬病予防液の創製
馬の腺疫病原の研究と腺疫予防液の創製

閉じる

No.05 大谷 彬亮 (おおたに もりすけ)
大谷 彬亮 大谷 彬亮 (おおたに もりすけ)

1880(明治13)年 ・6月13日、長崎県南高来郡神代村にて、志波三九郎彬孝の三男として生まれる
1898(明治31)年 ・大谷周庵(長崎県立病院長)の養子となり大谷姓を名乗る
1906(明治39)年 ・京都帝国大学医科大学を卒業し、同大学の副手となる
1908(明治41)年 ・上京し国立伝染病研究所に入所
・3ヶ月後、長崎に帰郷し大谷内科診療所で働く
1910(明治43)年 ・東京に戻り、国立伝染病研究所技手となる
1913(大正 2)年 ・ドイツ留学、ザクセンの国立血清学研究所で研究中欧州大戦が勃発
1914(大正 3)年 ・帰国
・国立伝染病研究所及び内務技師を依願免職
・北里研究所の創立に参画、北里研究所部長、臨床部を担当
1917(大正 6)年 ・北里研究所附属病院副院長
1918(大正 7)年 「クエン酸加血液の喰菌促進作用の研究」により医学博士号取得
1920(大正 9)年 ・慶應義塾大学医学部教授、内科学を担当
・「血漿喰菌促進作用の研究」により浅川賞受賞
1923(大正12)年
・恩賜財団済生会病院の2代目病院長に任ぜられる(現: 東京都中央済生会病院)
・慶應義塾大学医学部教授は辞任し、講師として務める
1931(昭和 6)年 ・北里研究所附属病院院長(北里柴三郎院長逝去のため)
・恩賜財団済生会病院長を辞任(現: 東京都中央済生会病院)
1932(昭和 7)年 ・土筆ケ岡養生園園長
・実弟の志波正孝と共に東京府立川に諏訪農園を開く
1939(昭和14)年 ・1月13日、逝去(58歳)
研究分野: 結核の刺激療法
その他業務: 土筆ケ岡養生園園長、恩賜財団済生会病院長

閉じる

No.06 北島 多一 (きたじま たいち)
北島 多一 北島 多一 (きたじま たいち)

1870(明治 3)年 ・6月21日(旧暦)、金沢に生まれる
1894(明治27)年 ・帝国大学医科大学卒業ともに私立伝染病研究所に入所
1897(明治30)年 ・ドイツへ留学、マールブルグ大学のベーリングの下でコレラ、結核等研究
1901(明治34)年 ・帰国
・国立伝染病研究所部長、血清薬院技師、臨時検疫事務官等を兼務
1904(明治37)年 ・「コレラ菌凝集価の変化について」の研究により医学博士号取得
1909(明治42)年 ・「ハブ蛇毒の研究及びその血清療法に就いて」の研究により浅川賞受賞
1914(大正 3)年 ・国立伝染病研究所及び内務技師を依願免職
・北里研究所の創立に参画、副所長に就任
1917(大正 6)年 ・慶應義塾大学医学科教授
1918(大正 7)年 ・政府の委嘱により、中国山西省の肺ペスト予防の指導にあたる
・社団法人北里研究所の理事副所長
1928(昭和 3)年 ・慶應義塾大学医学部長
1931(昭和 6)年
・北里の逝去により北里研究所所長、日本医師会会長、恩賜財団済生会医務主管を引き継ぐ
1944(昭和19)年 ・慶應義塾大学医学部長辞任と共に名誉部長
1949(昭和24)年 ・北里研究所所長を辞任し、名誉所長の称号を受ける
1953(昭和28)年 ・文化功労賞受賞、文化功労者
1956(昭和31)年 ・10 月11 日逝去(86 歳)、勲三等瑞宝章受章
その他所外業務: 学術研究会議会員、日本医師会会長、恩賜財団済生会医務主管、軍事保護院参与、厚生省食品衛生委員会委員、医薬制度調査会委員、中央衛生会委員、結核予防会理事
研究分野と業績: コレラ血清、破傷風の血清療法、結核牛の痘苗、結核血清反応の一新試験法、ジフテリア毒素、ツツガムシ病

閉じる

No.07 草 間  滋 (くさま しげる)
草 間  滋 草 間  滋 (くさま しげる)

1879(明治12)年 ・2月25日、長野県筑摩郡寿村(現:松本市)に生まれる
1905(明治38)年 ・東京帝国大学医科大学を卒業後、同学の山極教授の下で病理学を専攻
1908(明治41)年 ・国立伝染病研究所に入所
1910(明治43)年
・ドイツ留学(フライブルグ大学で中毒性血栓の研究、次いでハンブルグ熱帯病学研究所等で研究)
1913(大正 2)年 ・国立伝染病研究所技師
・9月 サイゴンに出張、極東熱帯医学会に参加
1914(大正 3)年 ・「中毒性血栓の構造発生及び意義」の研究により医学博士号取得
・国立伝染病研究所及び内務技師を依願免職
・北里研究所の創立に参画、北里研究所部長
1920(大正 9)年 ・慶應義塾大学医学部教授、病理学を担当
1921(大正10)年 ・社団法人北里研究所理事
1926(大正15)年 ・3月 ポーランド・ワルシャワに出張、その後、パリで国際衛生会議に参加
1936(昭和11)年 ・10月8日逝去(57歳)
研究分野と業績: 脚気病、コレラ、中毒性血栓の研究

閉じる

No.08 小池 毅 (こいけ つよし)
小池 毅 (こいけ つよし)

1837(明治 6)年 ・北海道余市郡に生まれる
1890(明治23)年 ・東京済生会に入校、陸軍の三等軍医に任ぜられる
1894(明治27)年 ・私立伝染病研究所の員外助手
1897(明治30)年 ・ペスト調査のため台湾へ派遣される
1898(明治31)年 ・2月28日、ペストに罹患し、逝去(満24才)
研究分野と業績: ペストの研究、著書『実用包帯学』を執筆

閉じる

No.09 古賀 玄三郎 (こが げんざぶろう)
古賀 玄三郎 古賀 玄三郎 (こが げんざぶろう)

1879(明治12)年 ・10月20日 佐賀県三養基郡基里村(現:鳥栖市)に生まれる
1899(明治32)年 ・長崎第五高等学校医学部卒業し上京、築地林病院医員となる
1901(明治34)年 ・盛岡市立盛岡病院の外科部長
1910(明治43)年 ・医学研究の研鑽のため京都帝国大学医科大学に入学
・大学在学中に特発脱疽の研究で難症の治療法を創始し、医学博士号を取得
1914(大正 3)年 ・2月 国立伝染病研究所入所及び依願免職
・北里研究所創立に参画し部長となる
1920(大正 9)年
・10月17日 大連市(中国)に於ける満州結核予防会の発会式での講演後、翌 10月18日に駅で倒れ、10月21日逝去(41才)
研究と業績: 特発脱疽の研究と治療法を創始
結核治療用の化学療法剤チアノクプロールの創製

閉じる

No.10 後藤 格次 (ごとう かくじ)
後藤 格次 後藤 格次 (ごとう かくじ)

 
1889(明治22)年 ・3月4日、福岡県に生まれる
1912(明治45)年 ・7月東京帝国大学農学部農芸化学科を卒業後、国立伝染病研究所に入所
1914(大正 3)年 ・国立伝染病研究所を依願退職、北里研究所創立と同時に入所
・北里研究所助手
・鈴木梅太郎博士に師事し、秦佐八郎が開発した梅毒の特効薬サルバルサンの国内生産を目指し製法を確立し国産化に成功
1915(大正 4)年 ・アルカロイドの研究のため英国と仏国へ留学
1918(大正 7)年 ・帰国
・アルカロイド特にシノメニンの化学研究を開始する
1925(大正14)年 ・農学博士号取得
1933(昭和 8)年 ・シノメニンの研究により日本化学会より桜井賞を受賞
1937(昭和12)年 ・社団法人北里研究所理事を務める(〜 1943 年)
1943(昭和18)年 ・東京大学農学部教授
1949(昭和24)年 ・社団法人北里研究所復職 1954(昭和29)年まで監事・理事を歴任
・恩賜賞、日本学士院賞受賞
1950(昭和25)年 ・日本学士院会員となる
1954(昭和29)年 ・北里研究所名誉部長
1962(昭和37)年 ・北里大学教授、1969(昭和44)年まで北里大学の評議員、顧問を歴任
1965(昭和40)年 ・勲二等瑞宝章受章
1969(昭和44)年 ・11月29日逝去(80歳)
研究と業績: 破傷風毒素、溶血性連鎖状球菌、チフス菌

閉じる

No.11 小林 六造 (こばやし ろくぞう)
小林 六造 小林 六造 (こばやし ろくぞう)

 
1887(明治20)年 ・4月25日、山口県に生まれる
1913(大正 2)年 ・京都帝国大学医学部を卒業後、国立伝染病研究所に入所
1914(大正 3)年 ・国立伝染病研究所を依願退職、北里研究所創立と同時に入所
・北里研究所助手
1919(大正 8)年 ・社団法人北里研究所副部長
1922(大正11)年 ・破傷風毒素の体内攻撃の研究により医学博士号を取得
・破傷風血清、淋菌ワクチン等の製造を担当
1924(大正13)年 ・慶応義塾大学医学部教授 細菌学教室及び臨床細菌研究室を兼務
1935(昭和10)年
・連鎖状球菌の研究、特に溶血性連鎖状球菌と溶血性腸球菌の研究により浅川賞を受賞
1938(昭和13)年 ・社団法人北里研究所理事を務める
1945(昭和20)年 ・社団法人北里研究所副所長を務める
1947(昭和22)年 ・国立予防衛生研究所所長となる
1955(昭和30)年 ・国立癩研究所所長となる
1957(昭和32)年 ・慶応義塾大学名誉教授
・日本細菌学会名誉会員
1962(昭和37)年 ・社団法人北里研究所名誉部長となる
1964(昭和39)年 ・勲二等瑞宝章を受章
1969(昭和44)年 ・1月29日逝去(82歳)、従三位受章
研究と業績: 破傷風毒素、溶血性連鎖状球菌、チフス菌
「犬胃に常在するスピロヘータに就いて」の研究

1919年に発表した論文「犬胃に常在するスピロヘータに就いて」は、現在のピロリ菌研究に大きなヒントを与えた。

閉じる

No.12 佐伯 矩 (さいき ただす)
佐伯 矩 佐伯 矩 (さいき ただす)

 
1876(明治 9)年 ・9月1日、愛媛県伊予郡北山崎に生まれる
・岡山第三高等学校医学部(現:岡山大学医学部)を卒業
・京都帝国大学医科大学医化学教室の荒木寅三郎に師事
1902(明治35)年 ・国立伝染病研究所に入所
1904(明治37)年 ・大根からディアスターゼを発見
 その後、牡蠣のグリコーゲンを発見
1905(明治38)年 ・国立伝染病研究を退所して、渡米しエール大学科学部大学院に留学。
 博士号(Ph.D.)取得
1911(明治44)年
・北米合衆国政府農商務省技師、ニューヨーク州のベンダー研究所技師、アルバニー医科大学講師、等を歴任
・帰国
1912(明治45)年 ・「甲状腺と新陳代謝、他」の研究により、医学博士号取得
1914(大正 3)年 ・世界初の私立の栄養研究所を芝区白金三光町に設立
1916(大正 5)年 ・私立の栄養研究所を芝区金杉川口町に移転、栄養療法を実施
・我が国初の「栄養学講習会」を開催
1920(大正 9)年 ・国立栄養研究所を創立
1924(大正13)年 ・栄養指導の専門家養成のため、佐伯栄養学校を開設(世界初)
1940(昭和15)年
・国立栄養研究所は廃止されて厚生科学研究所の国民栄養部となり、佐伯は退官する
1959(昭和34)年 ・11月29日急性肺炎のため逝去(83歳)
研究と業績: 酵素、アミノ酸等の研究、栄養食設定の研究、米の調理と消化吸収の研究、雑穀、米糠、動物性蛋白質の研究、「栄養専門語」の創作

閉じる

No.13 志賀 潔 (しが きよし)
志賀 潔 志賀 潔 (しが きよし)

 
1871(明治 4)年
・2月7日(旧暦明治3年12月18日)、宮城県仙台市に、佐藤信の五男として 生まれる(幼名は直吉}、後に母の実家を嗣いで改名し、志賀潔と名乗る
1886(明治19)年 ・宮城中学校卒業と同時に上京、ドイツ語学校に入学
1896(明治29)年 ・東京帝国大学医科大学を卒業し、私立伝染病研究所に入所
1897(明治30)年 ・赤痢菌発見
1901(明治34)年 ・ドイツへ留学し、エールリッヒに師事、化学療法の研究を3年間続ける
1905(明治38)年 ・帰国、医学博士号を取得
1912(明治45)年
・万国医学総会(於、ローマ)に出席後、半年間ドイツへ再留学、フランクフルトのエールリッヒのもとで結核の研究を行う
1913(大正 2)年 ・帰国
1913(大正 3)年
・国立伝染病研究所を依願免職、北里研究所創立に参画、部長
1920(大正 9)年 ・慶應義塾大学医学部教授、細菌学を担当
・朝鮮総督府医院長、京城医学専門学校長
1924(大正13)年
・平和条約実施委員として第三回国際赤痢血清委員会に出席、帰途、京城に帝国大学を創立する目的で欧米の大学等を視察する
1926(大正15)年 ・京城帝国大学創立、当初は医学部長として微生物学及び予防医学を担当
1929(昭和 4)年 ・京城帝国大学総長(〜 1931年)
1931(昭和 6)年 ・北里研究所顧問(昭和20年(74歳)まで細菌学の研究を続ける)
1944(昭和19)年 ・文化勲章を受章
1948(昭和23)年 ・日本学士院会員
1949(昭和24)年 ・仙台市の名誉市民
1957(昭和32)年 ・1月25日、逝去(86歳)、仙台市民葬、勲一等瑞宝章を受章
研究分野と業績: 赤痢菌発見、世界初の化学療法剤トリパンロート創製、赤痢血清、結核等
国外からの栄誉: マニラ医学協会名誉会員、イギリス王室熱帯病学会名誉会員、
パストゥール研究所賛助会員、ベルギー学士院名誉会員、
ドイツ学士院自然科学部特別会員、ウイーン細菌学名誉会員、
ハーバード大学名誉博士

閉じる

No.14 柴山 五郎作 (しばやま ごろうさく)
柴山 五郎作 柴山 五郎作 (しばやま ごろうさく)

 
1871(明治 4)年 ・8 月15 日(旧暦)、栃木県下都賀郡絹村に生まれる
1898(明治31)年 ・東京帝国大学医科大学を卒業し、私立伝染病研究所に入所
1901(明治34)年 ・国立伝染病研究所、部長(研究と共に臨床部も)
1906(明治39)年 ・英領インドにペスト病調査のため派遣される
1907(明治40)年 ・「抗血清の働き方について」の研究により医学博士号取得
1908(明治41)年 ・東洋熱帯医学会(於、フィリッピンのマニラ)出席
・オランダ領バタビアに脚気病調査のため派遣される
1911(明治44)年 ・満州に肺ペスト病調査のため、北里博士に随行
1912(明治45)年 ・勲四等に叙される
1913(大正 2)年 ・3月6日逝去(41歳)
その他所外業務: 臨床部第二部長、海港検疫官、臨時防疫技師、臨時防疫事務官、神奈川県技師警視庁技師
研究分野と業績: コレラ、ペスト等
柴山五郎作(著) 北里柴三郎監修『最近之肺結核治療法』

閉じる

No.15 高木 友枝 (たかぎ ともえ)
高木 友枝 高木 友枝 (たかぎ ともえ)

1858(安政 5)年 ・8月2日(旧暦)、福島県磐城(いわき)市に生まれる
1885(明治18)年 ・東京大学医学部を卒業し、福井県立病院長を務める
・3年後に鹿児島病院長となる
1893(明治26)年 ・私立伝染病研究所に入所
1894(明治27)年 ・北里博士らのペスト調査の事後処理のため、香港へ派遣される
1895(明治28)年 ・私立伝染病研究所の治療部長となる
1896(明治29)年 ・内務技官として登用され、血清薬院長となる
1897(明治30)年 ・ドイツへ留学(2年間)
1897(明治33)年 ・内務省衛生局防疫課長を兼務する
1902(明治35)年 ・台湾総督府医院長となり、台湾総督府医学校長を務める
1909(明治42)年 ・台湾総督府研究所を創設、初代所長
1913(大正 2)年 ・「中枢神経系統の破傷風抗毒素性の研究」により医学博士号を取得
1919(大正 8)年 ・台湾電力株式会社を創立、初代社長(〜 1929年)
1943(昭和18)年 ・12月23日逝去 (85才)
その他所外業務: 臨時ペスト予防事務局顧問

閉じる

No.16 高野 六郎 (たかの ろくろう)
高野 六郎 高野 六郎 (たかの ろくろう)

1884(明治17)年 ・9月3日、茨城県結城郡西豊田村に生まれる
1909(明治42)年 ・東京帝国大学医科大学を卒業と同時に、国立伝染病研究所に入所
1917(大正 6)年 ・細菌学研究のため米国に留学
1918(大正 7)年 ・「補体結合作用に関する研究」により医学博士号取得
1920(大正 9)年 ・慶應義塾大学医学部教授、病理・細菌学を担当
1923(大正12)年 ・内務省衛生局予防課長
1930(昭和 5)年 ・北里研究所監事
1938(昭和13)年 ・厚生省の創立により初代の予防局長を務める
1939(昭和14)年 ・結核予防会の設立に尽力し、理事を務める
1942(昭和17)年 ・厚生省予防局を退官
1946(昭和21)年 ・北里研究所理事
1947(昭和22)年 ・北里研究所理事副所長
1949(昭和24)年 ・北里研究所理事所長
1952(昭和27)年 ・財団法人藤楓協会の設立に参画、初代理事長
1960(昭和35)年 ・12月15日逝去(76歳)、勲一等瑞宝章受章
研究と業績: 補体作用における特殊なメカニズム、補体結合試験用アンチゲンの製法、腸チフス菌凝集性の変化等と免疫反応に関する研究、コレラ菌と腸チフス菌の菌体毒素、感作コレラワクチンの実験的研究
チアノクプロールを用いた癩の治療実験
その他所外業務: 日本医療団理事、細菌製剤協会初代理事長(昭和23年まで)
著書『予防医学ノート』 『便所の進化』執筆

閉じる

No.17 田端 重晟 (たばた しげあき)
田端 重晟 田端 重晟 (たばた しげあき)

1864(元治 1)年 ・4月12日(旧暦)、埼玉県比企郡小川町下里に生まれる
1880(明治13)年 ・上京し、福澤門下となる
1888(明治21)年 ・慶應義塾の別科を卒業し、北海道炭鉱鉄道会社に入社
1893(明治26)年 ・土筆ケ岡養生園創設のために福澤諭吉に呼び戻され、事務長となる 
1914(大正 3)年 ・北里研究所創立に参画
1918(大正 7)年 ・社団法人北里研究所社員
1945(昭和20)年 ・2月12日、逝去(80歳)
業績貢献: 福澤諭吉門下。
几帳面な性格で「土筆ヶ岡養生園」の運営を執り行っていた田端は、北里柴三郎から厚く信頼され、また、田端の裁量により養生園の蓄財があった為、大正3年、北里研究所創設の運用資金に役立ち、北里研究所の事業経営に尽力した。
社団法人北里研究所となった大正7年より社員(役員)として研究所の運営にも携わった。

閉じる

No.18 照内 豊 (てるうち ゆたか)
照内 豊 照内 豊 (てるうち ゆたか)

1873(明治 6)年 ・2月14日、福島県福島市に生まれる
1899(明治32)年 ・東京帝国大学医科大学を卒業
・国立伝染病研究所に入所、同時に1年間助手として東京帝国大学医科大学の隈川教授の下で医科学を専攻
1904(明治37)年 ・ドイツ留学(3年間、アミノ酸、蛋白化学、免疫等の研究)
1909(明治42)年 ・「コブラ蛇毒の血球溶解素及び抗毒素」の研究により医学博士号取得
1910(明治43)年 ・「クオリン血清沈殿反応」の研究により浅川賞受賞
1914(大正 3)年 ・国立伝染病研究所を依願免職、北里研究所創立に参画、北里研究所部長
1918(大正 8)年 ・慶應義塾大学医学科教授、医化学を担当
1936(昭和11)年 ・3月25日逝去(63歳)
研究と業績: 脚気のビタミンの研究

閉じる

No.19 戸田 寅治 (とだ とらじ)
戸田 寅治 戸田 寅治 (とだ とらじ)

1866(慶応 2)年 ・1月14日、岩手県に生まれる
1883(明治16)年 ・小学初等科教員免許を取得、同年から小学校で教鞭をとる
1886(明治19)年 ・獣医学校へ入学
1889(明治22)年 ・獣医学校を卒業、獣医開業免許を取得し、郷里で開業
・栃木県足尾銅山獣医を嘱託される
1900(明治33)年 ・国立血清薬院技師
1905(明治38)年 ・国立伝染病研究所技手
1914(大正 3)年 ・国立伝染病研究所技手を依願免職
・北里研究所の創立に参画、北里研究所助手
1934(昭和 9)年 ・北里研究所副部長
1945(昭和20)年 ・北里研究所部長
1950(昭和25)年 ・3月3日逝去(84歳)
業務: 北里研究所飼畜部で馬体免疫、その他各種免疫血清の製造

閉じる

No.20 野口 英世 (のぐち ひでよ)
野口 英世 野口 英世 (のぐち ひでよ)

1876(明治 9)年 ・11月9日、福島県耶麻郡猪苗代町に生まれる
1893(明治26)年 ・会津若松の(かい) (よう) 医院の渡邊(かなめ)に書生として入門
  薬局生となり、医学・英語・仏語を学ぶ
1896(明治29)年 ・上京し、医師開業前期試験に合格
・血脇守之助の好意で高山歯科医学院(現:東京歯科大学)の()僕となる
  ※(師の家で働きながら勉学する)
1897(明治30)年 ・済生学舎(現:日本医科大学)に入学、医師開業後期試験に合格
・高山歯科医学院の講師となる
・順天堂医院に勤務
1898(明治31)年 ・私立伝染病研究所に入所
・幼名の「清作」を「英世」に改める
1899(明治32)年 ・フレキスナー博士来日、通訳を務める
・長浜検疫所(横浜)でペスト患者よりペスト菌を分離(その功績によりペスト調査隊に任命され、清国のニューチャンへ出張)
1900(明治33)年
・12月、渡米し、北里柴三郎の紹介状を持参し、フレキスナーの助手となり、蛇毒の研究を開始する
1902(明治35)年 ・ペンシルバニア大学病理学助手
1903(明治36)年 ・デンマークの国立血清研究所へ留学
1904(明治37)年 ・ニューヨークのロックフェラー医学研究所助手
1911(明治44)年 ・「蛇毒の血液溶解作用他」の研究により日本の医学博士号取得
・梅毒スピロヘータの純粋培養に成功
1913(大正 2)年 ・脳脊髄からスピロヘータを分離
1914(大正 3)年 ・ロックフェラー医学研究所研究員
・日本の理学博士号取得
1915(大正 4)年 ・帝国学士院恩賜賞受賞のため、15年ぶり一時帰国(9 月〜11月)
・勲四等に叙せられる
・旭日小綬章受章
1923(大正12)年 ・帝国学士院会員
1925(大正14)年 ・正五位に叙せられる
1926(昭和 1)年 ・オロヤ熱病原体を発表
1928(昭和 3)年 ・5月21日、アフリカのアクラで客死 (満51才)
・勲三等に叙せられ、旭日重光章受章
研究分野と業績: ペスト、蛇毒、梅毒、オロヤ熱、黄熱病
著書『毒蛇及び蛇毒』、『梅毒の血清診断』等を執筆

長浜検疫所(横浜)でペスト菌に感染した患者を発見し、日本上陸を未然に防いだ。
アメリカ留学希望の野口に北里柴三郎は、アメリカ友人宛の推薦状を書いて持たせた。

閉じる

No.21 秦 佐八郎 (はた さはちろう)
秦 佐八郎 秦 佐八郎 (はた さはちろう)

1873(明治 6)年 ・3月23日(旧暦)、島根県美濃郡都茂村(現: 美都町)にて山根道恭の8 男として生れる
1887(明治20)年 ・都茂村の医家秦徳太の養子になる
1895(明治28)年 ・岡山大学医学部を卒業、一年志願兵として東京近衛一連隊入隊
1897(明治30)年
・軍務を終了、岡山県立病院助手として井上善次郎に内科学を荒木寅三郎に師事して医化学を修める
1898(明治31)年 ・岡山県立病院を辞職
・私立伝染病研究所に入所、ペストの研究に着手
1899(明治32)年 ・伝染病研究所が国立となり同所助手となる
・臨時ペスト予防液製造事務取扱、および臨時検疫事務官を兼務
1901(明治34)年 ・国立血清薬院技師を兼務
1904(明治37)年 ・日露戦争の召集に応じて南満州に従軍
1905(明治38)年 ・似島検疫所設置のため召還され、検疫にあたる
・大阪の陸軍予備病院で伝染病室及び細菌検査室に勤務
・10月に除隊し、11月に伝染病研究所技師に戻る
1907(明治40)年 ・国立伝染病研究所第三部長
・ドイツ留学、ベルリンのコッホ研究所でワッセルマンの下で免疫の研究
1908(明治41)年 ・モアビット市立病院でヤコビー博士の下で研究
1909(明治42)年
・フランクフルトの国立実験治療研究所に移り、エールリッヒを扶けてスピロヘータ病の化学療法の研究に従事
1910(明治43)年 ・梅毒の特効薬「サルバルサン」(606号物質)発表
・コッホの臨終に立会い、その後帰国
1911(明治44)年 ・サルバルサンに関する勲功で勲五等双光旭日章を受章
1912(明治45)年 ・「螺旋病菌のヘモテラピーの研究」により医学博士号取得
1913(大正 2)年 ・日本結核予防協会設立に参画
1914(大正 3)年 ・国立伝染病研究所及び内務技師を依願免職、北里研究所の創立に参画、部長
・鈴木梅太郎博士と共に「国産サルバルサン」製造に成功
1918(大正 7)年 ・社団法人北里研究所の理事
1920(大正 9)年 ・慶応義塾大学医学部教授、衛生学教室を担当
1931(昭和 6)年 ・北里研究所理事副所長(〜 1938年)
1933(昭和 8)年 ・帝国学士院会員
1934(昭和 9)年 ・「深達性消毒薬の実験的研究」により浅川賞を受賞
1938(昭和13)年 ・11月22日脳軟化症のため逝去(65歳)、青山斎場にて北里研究所葬
その他所外業務: 臨時ペスト予防液製造事務、大阪及び兵庫の防疫評議員、日本結核予防協会理事、保健衛生調査会委員、中央衛生会委員、大日本私立衛生会評議員、日本学術研究会議会員、極東熱帯病学会副会頭、労働保健調査会委員、メヨルゴー氏結核新療法調査会委員、同仁会理事、国際連盟保健委員会専門委員、日本学術振興会委員、財団法人保生会常務理事長
研究分野と業績: ペスト、梅毒の化学療法、結核、消毒剤、化学療法剤サルバルサンの創製
国外からの栄誉: ドイツ帝国自然科学院会員、オフィシェー・ド・ランストリュクション・ビュブリック記章(フランス)受章、ドイツ赤十字二等名誉章受章

閉じる

No.22 林 長吉 (はやし ちょうきち)
林 長吉 (はやし ちょうきち)

1871(明治 4)年 ・新潟県に生まれる
1893(明治26)年 ・8月22日、北里一行のツツガムシ調査に協力
 (新関村において、父の林元篤医師と共に)
1894(明治27)年 ・私立伝染病研究所に入所
1902(明治35)年 ・国立伝染病研究所退職、新潟へ帰任
1916(大正 5)年 ・逝去
研究と業績: ツツガムシ病及び血清の研究

閉じる

No.23 肥田 音市 (ひだ おといち)
肥田 音市 肥田 音市 (ひだ おといち)

1880(明治13)年 ・6月24日、東京の永田家の四男に生まれる
1896(明治29)年 ・済生学舎に入舎
1899(明治32)年 ・医術開業実地試験に合格し、8月に免状取得
・国立伝染病研究所で講習を受ける
・神奈川県検疫官に任官
1900(明治33)年 ・肥田すえと結婚、肥田姓となる
1902(明治35)年 ・国立伝染病研究所入所
・血清薬院技手を兼務
1914(大正 3)年 ・国立伝染病研究所及び内務技手を依願免職、
・北里研究所の創立に参画、北里研究所副部長
1918(大正 7)年 ・「ジフテリア毒素の研究」により医学博士号を取得
1919(大正 8)年 ・社団法人北里研究所社員
1931(昭和 6)年 ・北里研究所理事(昭和23年まで重任)
1949(昭和24)年 ・北里研究所を定年退職、顧問となる
1954(昭和29)年 ・細菌学会名誉会員
  9月8日、逝去(74歳)、勲四等瑞宝章を受章
研究と業績: ジフテリア毒素の研究

閉じる

No.24 宮島 幹之助 (みやじま みきのすけ)
宮島 幹之助 宮島 幹之助 (みやじま みきのすけ)

1872(明治 5)年 ・8月13日、山形県米沢市に生まれる
1898(明治31)年 ・東京帝国大学理科大学(動物学専攻)を卒業し大学院に進む
1900(明治33)年 ・京都帝国大学講師(寄生虫学を担当)、衛生学教室でマラリアの研究を開始
1902(明治35)年 ・国立伝染病研究所へ入所(柴山五郎作の勧めで)
1904(明治37)年 ・万国博覧会(於セントルイス)の展示のため渡米
1907(明治40)年 ・「本邦産アノフェレスについて」の研究により医学博士号を取得
1911(明治44)年 ・万国博覧会(於ドレスデン)の展示のため渡独
1914(大正 3)年 ・マレー半島のゴム栽培農園へマラリアの調査のため出張
・国立伝染病研究所及び内務技師を依願免職
・北里研究所の創立に参画、北里研究所部長
1918(大正 7)年 ・社団法人北里研究所理事
1920(大正 9)年 ・慶應義塾大学医学部教授、寄生虫学を担当
1924(大正13)年 ・衆議院議員選挙に郷里の山形から出馬し当選
1938(昭和13)年 ・北里研究所理事副所長
1944(昭和19)年 ・12月11日逝去(73歳)
研究と業績: アノフェレス、ツツガムシ病、日本住血吸虫、レプトスピラ(ワイル氏病)
その他所外業務: 中央委員会委員、国際連盟委員、日本衛生会理事、東京市政調査会理事、国際学友会理事、結核予防会理事、恩賜財団済生会議員、日本赤十字社商議員、臨時災害救護部(関東大震災)、阿片中央委員会委員

閉じる

No.25 吉澤 環 (よしざわ たまき)
吉澤 環 吉澤 環 (よしざわ たまき)

1864(元治 1)年 ・6月12日(旧暦)、東京市麻布区網代町(現:東京都港区麻布十番)に生まれる
1893(明治26)年 ・私立伝染病研究所に入所、事務長として勤務
1896(明治29)年 ・国立血清薬院および東京痘苗製造所に事務長として兼務
1999(明治32)年 ・国立伝染病研究所事務長
1914(大正 3)年 ・国立伝染病研究所及び内務技師を依願免職
・北里研究所創立に参画、同事務長
1917(大正 7)年 ・社団法人北里研究所の社員及び監事と慶應義塾大学医学科事務長を兼務
1924(大正13)年 6月21日逝去(60歳)
その他所外業務: 大日本私立衛生会の監事

閉じる