学校法人北里研究所 釜石研究所

学校法人北里研究所

北里大学

ホーム トピックス北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所が、フード・アクション・ニッポン アワード2011を受賞

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所が、フード・アクション・ニッポン アワード2011を受賞

フード・アクション・ニッポン アワード2011 北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所(岩手県釜石市)は、岩手県内の名花名木から採集した酵母を被災地の製造業者に提供し、県産の食材と組み合わせることで、新しい商品開発への活用をめざしています。このたび、同プロジェクト「『いわて花咲酵母』を利用した地域ブランド商品開発による被災地産業の活性化」が、「フード・アクション・ニッポン アワード2011」の「食べて応援しよう!賞」を受賞しました。

今回受賞した「フード・アクション・ニッポン アワード」(主催:フード・アクション・ニッポン アワード2011実行委員会、共催:農林水産省)とは、食料自給率向上を図る国民運動「フード・アクション・ニッポン」の一環として創設されたもの。食料自給率向上に寄与する事業者・団体などの取り組みを広く募集し、優れた取り組みを表彰することにより、食料自給率向上に向けた活動を広く社会に浸透させ、私たちや未来の子供たちが国産の食品を安心しておいしく食べていける社会の実現をめざしています。

今回、北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所(岩手県釜石市)が受賞したプロジェクトは、岩手県内の名花名木から採集した「いわて花咲酵母」(※)と、県産原料を利用した地域ブランド商品を開発することで、被災地産業の活性化をめざすというものです。同研究所は、酵母そのものと酵母の生理学的なデータを提供し、産官学共同体制で商品の開発を進めています。

盛岡石割桜から採集に成功した酵母は、パンづくりに適していることが分かり、岩手県立盛岡農業高校と県産の米粉や小麦を利用したパンの試作や基礎レシピを作成しました。また、一関市の酒造会社や岩手県工業技術センターの協力のもと、酵母と県産のホップを使った復興ビールの共同開発にも取り組んでいます。

3月11日に発生した東日本大震災では、同研究所は海から数メートルしか離れていない場所に立地していたため、大津波による甚大な被害を受けましたが、震災後も岩手県内の名花名木から採取した酵母「いわて花咲酵母」の研究を続けてきました。同プロジェクトには、被災地に「元気」を与えるとともに、ご支援いただいた方々に「感謝」を届けたいとの思いを込めています。

釜石研究所では、酵母の利用業者を引き続き募集しており、新たな商品開発に向けての取り組みを広げていきます。

(※)岩手県内の名花名木から単離した酵母を「いわて花咲酵母」と命名しました。岩手石割桜、北上展勝地ソメイヨシノ、大船渡三面椿、遠野夫婦杉桜などの酵母を商品開発に利用しています。

  • 樹齢360年を数える岩手県民自慢の名花・盛岡石割桜
  • 盛岡石割桜の花びらから採集された酵母の電子顕微鏡写真
  • 盛岡石割桜の酵母を使用した「さくら酵母あんパン」
  • フード・アクション・ニッポン アワード2011表彰式の様子
  • フード・アクション・ニッポン アワード2011表彰式の様子

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


関連サイト

北里大学海洋バイオテクノロジー釜石研究所
フード・アクション・ニッポン アワード